■要チェック♪睡眠は身体を健康に維持するために大変重要なもの

睡眠の質が良くなかったり、さらに睡眠不足に陥ってしまうことで身体に疲労が溜まった状態が続いてしまいますと細胞が酸素不足となってしまいます。
身体というのは酸素不足となった細胞にとにかく酸素を送り込んであげようと血管を拡張させ血流量を増やそうとしているのです。

 

睡眠不足となってしまうと静脈からの水分供給が追いつかなくなってしまい、余分な水分が皮下組織に溜まってしまいます。
これがむくみの原因となり、足を太くさせてしまう大きな原因となっているのです。睡眠は身体を健康に維持するために大変重要なものですが最近の若者は睡眠を上手にとることが出来ていないのが現状です。
実はこの睡眠というのは、脚痩せに大きな関係があるということをまずは覚えておくようにしましょう。 今では女性だけに限ったことではなく、非常に多くの男性も美容に関心を持ってきています。
つまり老若男女問わずに美容が注目されているので、まずは貴方に合った美容対策方法を探すようにしましょう。



■要チェック♪睡眠は身体を健康に維持するために大変重要なものブログ:19-4-06

ダイエット中は、
食事は1日3食バランスよく摂ることが大切なんですが、
毎食どれくらいの割合で摂ればいいのか気になりますよね。

理想の食事摂取カロリーの割合は、
6時:13時:夕=3:4:3とされています。

例えば…
1日の目標摂取カロリーが1800kcalの場合は、
6時食540kcal、13時食720kcal、夕食540kcal
となるわけですね。

必ずしもこの割合でないといけないという事はありませんが、
13時食に重点を置き、
6時食と夕食は軽い食事で
済ませるというのがポイントです。

夕食はどうしても豪華になりがちなので、
食べ過ぎることもなくなりますし、
胃にもやさしいですよ。

ダイエット中でカロリーが気になったり、
食事のボリューム感が足りない時は、
肉や魚などのたんぱく質を少し控えめにして、
きのこや野菜・海藻類などをたくさん取ると、
食物繊維も取れるし、
お腹の満足感も感じられるのでおすすめです。

食事の時間が不規則で
お腹が空いてしまった場合は、
間食におにぎりやバナナなどを取り入れてみましょう。

お腹が減ると血糖値が下がるため、
思考回路や集中力が低下したり、力が出なくなりますが、
間食を取り入れることで改善できますよ。

また夕食が夕方遅くなってしまう場合は、
野菜中心の軽めの食事にしてみましょう。

夕方は消費カロリーが昼に比べ少ないので、
高カロリーのものを摂ってしまうと
脂肪として蓄積されやすくなるので注意が必要です。

食事はバランスが大切です。
6時・13時・夕を規則的に取るのが難しいのなら、
賢く間食を利用して
食事を上手にコントロールしましょう!